山田印の“チーク”
#007

ヘア&メイクアップアーティスト・山田大輔のメイク企画。これまでの経験で培ったテクニックと、時代のムードを捉えた新鮮なメイクをご紹介!

 


 

01
HEALTHY & NUDY

『ごく自然に色づいたようなピンクで』

朝起きて、シャワーを浴びた後のような自然な肌の赤み。内側からじわっと滲み出るような質感でのせたピンク色のチークが、健康的でピュアな女性像へと導いてくれる。

HOW TO…

化粧水と乳液で肌を整えてあげて、少しパール感のあるベースを塗る。ファンデーションは薄づきなもので透明感のある肌を作る。チークを頬の中央とおでこにも少し置いてスポンジ等で伸ばして自然なグラデーションを作る。

 
 

使用アイテム

    化粧下地としても使えるパールを含んだジェル。メイクの上からも使用可能で、みずみずしく上質な肌を演出してくれる《プレイリスト》のアイコン的アイテム。プレイリスト スキンテクスチャーヴェール ルミナイジング¥4500(※編集部調べ)/PLAYLIST(資生堂インターナショナル)

 

    メイクをもっと自由に楽しいものにしてくれるマルチカラー。アイシャドウ、リップ、チークなど様々なパーツに対応可能。優しい色味のラベンダーをピックアップ。プレイリスト マルチペインター(ラベンダー)¥2500(※編集部調べ)/PLAYLIST(資生堂インターナショナル)

 


 

02
FASHIONABLE & MANNISH

『クールな眼差しを助長するブラウン』

夏の太陽を存分に堪能した肌に、小麦色のニュアンスが宿る。潔く白いシャツをまとった彼女はどこかハンサムな魅力と、モードな格好よさを携えている。ブラウンチークの可能性にときめく。

HOW TO…

全体にベースを塗った後、目の周りにはパールが入ったアイシャドウベースを塗る。ブラウン系の練りチーク等で鼻の上から頬骨の高い位置まで塗る。その際アイシャドウとしても少し塗ってあげると良い。ポイントは塗りすぎて濃く見えないように、少し自然なムラ感を意識して塗ること。ほほ骨からほほの下にスポンジで伸ばすとより印象的になる。

 

 

使用アイテム

    透明感のあるフレッシュな発色としっとりとした滑らかな質感が特徴のチーク。今回セレクトした「ジンジャー」はよりマットなテクスチャー。ブラッシュ カラー インフュージョン¥3200/Laura mercier(ローラ メルシエ ジャパン)

 

    艶やかな輝きを肌にプラスしてくれるスティックタイプのチーク&ハイライター。肌馴染みがよく、リュクスなムードをまとってくれる。グロウ スティック¥5000/BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)

 

 


 

 

山田大輔

ヘア&メイクアップアーティスト。本誌をはじめとした数多くの雑誌でファッションやビューティーページを担当。さらにアーティストやタレント、広告やコレクションなど、様々なフィールドでその存在感を発揮。2014年の独立とともに「Cake」(ケイク/Cake management)を開設し、更に活躍の場を広げている。

HP:http://cake-management.com

〈アシスタント募集中!〉
山田大輔氏が、アシスタントを募集中です。やる気と勇気と元気のある方(美容師経験者優遇)をお待ちしています。
興味のある方は info★cake-management.comにご連絡ください。
*2018年8月29日現在
*★マークを@にご変更ください

 


 

CLUÉL vol.41掲載

  • photograph:Otsuka Kazuhiko
  • styling:nakamuu
  • model:モーガン 茉愛羅