秋に似合う、ざっくりニットが好き♡

待ちに待ったニットの季節がやってきた!素材を肌で感じられる風合いの豊かさ、見た目だけでもあたたかさを感じられるニットならではの良さを詰め込んだ、ざっくりニットの出番です!
 


 

01

可愛いノルディックニットは
トラッドを隠し味にして

極太の毛糸でラフに編まれたボリューミーなニット。赤とグレーの配色がキャッチーなノルディック柄も良く映えて、着心地も見た目にも暖かな一着となった。ブルーのシャツをインすれば、程よくトラッド感がプラスされてファッション感もアップ。

    ニット¥18500/SHIPS(シップス 渋谷店 ☎︎03-3496-0481)、シャツ¥29000/ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ ☎︎03-6419-1798)、バッグ¥8900/fig London(アンビデックス ☎︎03-5465-0447)

 


 

02

白のリブ編みニットは
冬のお約束

1976年に創業以来、高品質なセーターを作り続ける《ガンジーウーレンズ》のウールニット。深めのVネックにより、女性らしさがぐんと上がる首回りのデザインが特徴的。どんなスタイルにでも使えそうなディテールにまで凝った一着は、様々な編み模様にときめかずにはいられない。

    ニット¥19000/Guernsey WOOLLENS(渡辺産業プレスルーム ☎︎03-5466-3446)

 


 

03

王道ニットは、
同系色でまとめてみる

そのまま着るだけでニットの良さを引き立たせる、そんな洗練されぬいたニットを着れるのは《アンデルセン アンデルセン》ならでは。もちろんボトムスは何をチョイスしても可愛いが、あえて同系色のブラウンを選ぶことでニットの良さを際立たせて。

    ニット¥45000/ANDERSEN-ANDERSEN(メイデン・カンパニー ☎︎03-5410-9777)、パンツ¥26000/LENO(グッドスタンディング ☎︎03-6447-4303)、バッグ¥34000/MARROW(シック ☎︎03-5464-9321)、ソックス¥4000/Merz b. schwanen(アウターリミッツ ☎︎03-5413-6957)、その他スタイリスト私物

 


 

04

オールホワイトの
清潔感といったら

スウェーデンの農場で育てられた羊の毛を使用している《ジョン スターナー》の手編みニットたち。ゆったりとしたビッグシルエットのニットに思い切って全身を白でまとめるとパンツを履いていても、どこかガーリーさを感じることができる。シューズは違う色で外して、隙を見せよう。

    ニット¥92000、ニットキャップ¥12000、マフラー¥22000、以上すべてJOHN STERNER(ディプトリクス ☎︎03-5464-8736)、パンツ¥12900/liflattie ships(リフラティ シップス ルミネ横浜店 ☎︎045-444-0186)、シューズ¥20000/Timberland(ティンバーランド/VFジャパン ☎︎0120-953-844)

 


 

続きは最新号(CLUÉL vol.42)でチェック!

  • photograph:Otsuka Kazuhiko
  • styling:Takemoto Kenichi
  • hair&make-up:Yamada Daisuke【Cake】
  • model:Maya V