Acne Studios

Are you hungry?
《アクネ ストゥディオズ》
グッドガールの不思議な夕食。

ここは、どこか素敵な国のレストラン。《アクネ ストゥディオズ》2018年AWコレクションを纏った彼女は、至福のディナータイムを楽しんでいるご様子。ちょっと可笑しなシチュエーションで贈るファッションストーリーをお楽しみください。

 


 

ロゴTシャツと肩掛けカーディガン

ブランド名を胸元に配したロゴTシャツ。“Studios” の文字を逆さまにレイアウトしたことで、類似アイテムとは一線を画す、ブランドらしい仕上がりに。「着られてる感」を醸し出す絶妙なサイジングがいい。

 

 

ピンクのニットとブルゾン

大人ガールにオススメしたいスモーキーなピンク。フィット感のあるリブ編みのタートルネックはシンプルなデザイン。厚手のシャツや、クルーネックニットなど、レイヤード次第では大活躍してくれること間違いなし。

 

 

ビッグシルエットのブラウスを纏って

こっくりとした配色で構成されたチェック柄ブラウスを主役に。まるでメンズサイズを着用したかのようなビッグなサイズ感が、オーセンティックなスタイリングのアクセントに。どこか懐かしさを漂わせるレトロデザインのスニーカーにも注目。
 

 

アイスブルーのライダースジャケット

上質な質感のラムレザーを使用したライダースジャケットは、ブランドのフィロソフィーを語る上で欠かせないアイテムの一つ。今シーズンのアウトフィットを華やかに昇華してくれる、すっきりとしたカラーリングで周りの視線を惹きつけて。
 

 

クラシックな青いカーディガン

スクールガールよろしく的なクラシックデザインのカーディガン。メンズサイズに基づいて作られたユニセックスなスタイルを女子がまとえば、それだけでキャッチーな仕上がりに。白シャツをインしてきっちりと着こなそう。

 

 

ベージュのドレスとトラウザー

一見シンプルなドレスかと思いきや、前身頃のボタン位置をずらしたり、アーム部分にボリュームをもたせたり。ただ着るだけで様になる、意表を突くデザインは《アクネ ストゥディオズ》ならではの遊び心溢れるアプローチ。

 

お問い合わせ先

アクネ ストゥディオズ アオヤマ ☎︎03-6418-9923

 


    • photograph:Kojima Yohei
    • styling:Takemoto Kenichi
    • hair & make-up:Yamada Daisuke【Cake】
    • model:Barbara S.

CLUÉL vol.40掲載