THE NEW STANDARD

新たなスタンダードを探る vol.16

定番品をスタンダードとするのならば、老舗の歴史ある普遍的なもの、誰でもが定番と思えるものに限る。そう捉えるのが通常の思考の流れだと言える。でも少し視点を変えるだけで、新たな価値のあるものに気が付くことになる。ファッションは刹那的だと思いがちだが、今もなおスタンダードが生まれているに違いない。

 


 

《ポロ ラルフ ローレン》のラガーシャツ

胸元のポニープレイヤーロゴでおなじみの《ポロ ラルフ ローレン》。誰もが知っているタイムレスなアメリカンスタイルは世界中で愛されている。デザイナー“ラルフ・ローレン”により1967 年からスタートし、86年にはパリにアメリカ人デザイナーとしては初となる路面店をオープン。アメリカン・トラディショナル、スポーツ、ゴルフウェア、ポロシャツ、etc… 様々なアイテムを展開しながら、そのベーシックなスタイル・デザインは今なお色褪せることがない。

“ラルフ・ローレン”自身としては、伝説的なアメリカ映画『華麗なるギャッツビー』や『アニー・ホール』などファッションの歴史を語る上でも欠かせない映画の衣装を担当するなど、活躍の場は多岐に渡る。

「トレンドに左右されず、永続的に愛することができるスタイルを生み出す」そんな哲学が《ポロ ラルフ ローレン》の洋服に宿っているのだ。

    メンズライクなアイテムをワンピースにすることによって、クリーンでいてキュートな佇まいに。ボディのセンターに配された白のラインも印象的な一着。ラガーワンピース¥28000、スキニーデニム¥23000/ともにPOLO RALPH LAUREN、その他スタイリスト私物

今回はその中でも珍しいラガーシャツをピックアップ。イングランドに起源を持つラグビーという激しいスポーツで着用されているウェアは、歴史あるスポーツだけあってクラシックなデザインが印象的。

それを見事にファッションに落とし込んだ《ポロ ラルフ ローレン》のラガーシャツはまさに要注目。多様なデザイン、本格的なディテールワーク、エンブレムやワッペンのデザインも本物のラグビーチームかのような作り込みで、見ているだけでも想像が広がる。

メンズライクなアイテムだからこそ可愛く着こなせる、ウィメンズファッションの新しい定番になりそうな予感。

 

SHIRTS
LINE-UP

    バックスタイルにゼッケンのようなデザインが施されたクールな一着。ブラックとレッドの配色が大人っぽい。これであなたも《ポロ ラルフ ローレン》のクラブチームの一員に??? ¥26000/POLO RALPH LAUREN

 

    爽やかな赤と白のボーダーが好印象。本物のラガーシャツのような、丁寧かつ洗練されたディテールワーク。胸元のワッペンもクール!¥26000/POLO RALPH LAUREN

 

    ベーシックなボーダータイプのラガーシャツ。胸元のエンブレムもアクセント。細身のデニムパンツを合わせて、ビッグサイズを楽しむアメカジスタイルが可愛い。¥26000/POLO RALPH LAUREN

 


 

お問い合わせ先:ラルフ ローレン ☎︎0120-3274-20

CLUÉL vol.39掲載
※制作時の情報につき、現在は変更になっている可能性がございます。

  • photograph:Otsuka Kazuhiko
  • styling:Takemoto Kenichi
  • hair&make-up:Nishi Arina[Cake]
  • model:Effy