RECOMMEND BOOKS by POST

東京・恵比寿にあるアートブックの専門店《ポスト》の選書による、2018年6月のおすすめブックガイド。

 


 

今月のテーマ
「Visual Observation」

時系列、定点観測、テーマ設定…。ある人物や組織の活動を掘り下げていくための手段はさまざまです。主に作者(ときに編者)が舵を取りながら、ありとあらゆる関連資料を手繰り寄せ、全体の流れを整えるようにして並べ替えてゆく。点と点とを結びあわせて面にしていくような作業を重ねて形作られた集合体は、単一の事象だけを見つめていたときよりもずっと、その対象における多角的、かつ深い理解をもたらすことでしょう。今回は、多種多様な視覚的資料を素材として編纂された、観察の賜物ともいえる彩り豊かなビジュアル・アーカイブの好例をご紹介します。

 


 

01.『From A to K

  • Aglaia Konrad
  • 発行:Koenig Books
  • ¥6700

建築・都市計画・街にあらわれる公的・私的環境の変貌に目を向けてきた、オーストリア出身の写真家、アグライア・コンラッド。彼女の取り組みをまるで百科事典のように編集した本書には、初めて書籍化された作品群を含むカラーとモノクロ写真の図版が織り交ぜられている。テキストによる寄稿が至るところに散りばめられ、アルファベット順の見出しに沿って登場する。
 


 

02.『the meadow

  • herman de vries, susanne de vries
  • 発行:Lecturis
  • ¥5800

オランダ出身のヘルマン・デ・フリースは自らを「自然の代弁者」と認識し、あるがままの自然に敬意を向けるようにして作品を紡いでゆく。本書には、1970年代以降に妻のスザンヌとともに移住したドイツ・エッシュナウで植林をしたその場所の、30年に及ぶ年月のなかで季節とともに移ろいゆく美しい情景が展開されている。自然の営みに寄り添うように暮らす彼らならではの視点に立ってみてほしい。


 

03.『ONE LAST THING

  • THE THING
  • ¥3300

THE THINGは、毎号異なるアーティストと協働して制作したオブジェを、雑誌のような定期刊行物として発行するプロジェクトを継続している。各号の形式や内容は、発表されるまで秘密のまま。いずれも限定数を設けて生産され、サイン入りで特製ボックスに収められた豪勢な仕様だ。本書には、10年のうちに刊行された通算34号のすべてが一堂に会する。

 

shop data

POST
add:東京都渋谷区恵比寿南2-10-3 1F
open:12:00-20:00(月休)
tel:03-3713-8670

    東京・恵比寿にあるアートブックの専門店。出版社という括りで本を特集し、定期的に扱っている本が全て入れ 代わるスペースを軸とし、普段書店では見えにくい「出版社」の世界観も感じながら本に触れることができる。このほかにも、造本やデザインの面も優れた、良質な海外のアートブックが並んでいる。店内奥のスペースでは、POST企画による展覧会やブックローンチイベントを定期的に開催。

【紹介者】
錦 多希子
2012年よりPOSTに勤務。店頭対応の傍ら、POSTのウェブサイト内New Arrivalsページで新着本の紹介を更新する。
http://post-books.info/


CLUÉL homme vol.28掲載