お洒落上級者のMIXテクニック

大人なっても、やっぱりアメカジ。着古したチェックシャツ、サイズが合ってないスウェット、色が落ちたデニム。スタンダードだけど、シンプルじゃない、等身大のスタイル。大人になっても着れるような、クルーエルが提案するちょっとビターなアメカジスタイル。

 


 

01

アメカジなチェックシャツも、ワンピースをチョイスすることでレディな雰囲気に。モックネックやニットキャップでボーイッシュなテイストをミックス。レザーバッグやヒールで印象的なアクセントをつけて。ピンクの大きめトートバッグがキュートなポイント!

    シャツワンピース¥24000 ※7月発売/Johnbull(ジョンブル 原宿 ☎︎03-3797-3287)、ニットキャップ¥3800/The DUFFER of St.GEORGE(ジョイックスコーポレーション ☎︎03-5695-7957)、レザーバッグ¥38000/MY___(1LDK アパートメンツ ☎︎03-5728-7140)、トートバッグ¥12000/beatiful people(ビューティフルピープル 青山店 ☎︎03-6447-186)、ソックス(3P)¥1000/New Era®︎(ニューエラ ☎︎03-5773-6733)、シューズ¥17500/MACKINTOSH PHILOSOPHY(モーダ・クレア ☎︎03-3875-7050)

 


 

02

1920年代にアメリカ、オハイオ州でスタートした《キャンパス》と《ブルーブルー》のコラボシャツ。古き良きアメリカを感じる色合いと、背中のチェーン刺繍が印象的な一枚。タックインして、ボトムスはカーゴパンツを合わせ、ワークな着こなしで楽しみたい。

    シャツ¥16000/CAMPUS・BLUE BLUE、パンツ¥21000/BLUE BLUE(ともにハリウッド ランチ マーケット)、ベルト¥8000/MACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYO SHOKAI )、ソックス(3P)¥1000/NewEra®︎(ニューエラ)、その他スタイリスト私物

 


 

03

どこかエスニックな雰囲気も漂う女性らしいレトロな花柄ワンピース。トップスにあえてカレッジTを合わせることで印象の強いワンピースをカジュアルに、そしてデイリーに。レトロなスニーカーでアクティブな“軽さ”も加えよう。

    ワンピース¥42000/CHLOE STORA(ビーバー 渋谷店 ☎︎03-5728-2288)、Tシャツ¥5900 /Champion(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター ☎︎0120-456-042)、メガネ¥30000/ayame(アヤメ ☎︎03-6455-1103)、スニーカー¥8000/CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター ☎︎0120-819-217)

 


 

続きは最新号(CLUÉL vol.39)でチェック!

  • photograph:Sato Naoki
  • styling:Takemoto Kenichi
  • hair&make-up:Nishi Arisa【Cake】
  • model:Effy