MY HAIR CUT 100

髪が切りたくなったら 016

「ラフな抜け感を携えた大人な黒髪」

HAIR DATA

Volume/量
■■■□□
Hardness/堅さ
■■■□□
Thickness/太さ
■■■■□
Curly/クセ
■■■□□
Length/長さ
■■■■□

STYLING METHOD
バサッとラフに崩せば
抜け感のある大人髪に。

step 01
中間から毛先にオイルをつけて根本からドライ。
前髪にボリュームが欲しいので、
前髪から乾かすのがポイント。

step 02
28ミリアイロンでアウトラインは外ハネ、
表面は内巻きにカールをつけ

step 03
最後にオーガニックワックス【プロダクト】と
少量のオイルを中間から毛先につける

step 04
カールをラフに崩して
毛先を整えれば完成です!

STYLING ITEM

《プロダクト》ヘアワックス
日々のスタイリングはもちろんのこと、肌やリップ、ネイルの保湿などにも使用可能なオーガニックヘアワックス。コンパクトなサイズ感も嬉しい。

  • 42g ¥1980(エイゾー)
『彼女の良い部分を活かすことが大前提』

 
はっとするほど透明感のある肌質や、丸みを帯びた愛らしい目元。少女がそのまま大人になったようなムードが印象的な彼女も、あと一年もすれば社会人となり、世間の荒波に揉まれることとなる。『就活中です(笑)』と照れる様子も等身大でとても素敵だ。一方ヘアスタイルはといえば、バサッとしたラフな抜け感をはらんだ黒髪のロングヘア。はらりと流れるような長い前髪や無造作な毛先の動きなど、どちらかといえばぐっと大人っぽい仕上がりになっている。

『もちろん彼女の良い部分を活かすことが大前提にはあったんですが、気をつけたのは幼くなりすぎない事でした。ポイントはやはり前髪で、目にかかるくらいの長さがある方がフェミニンと言うか大人っぽく見えると思います。髪の表面にもレイヤーを結構入れて、軽く巻くだけでも動きが出るように作りました。』

そう話すのは、今回の連載を担当してくれたヘアサロン《エイゾー》のチーフスタイリスト・水倉さんだ。ヘアスタイルを作っていく過程で気づいたこともあるようで、『本当はもっと梳いて軽くしようかな?とも思ったんですが、彼女の髪質的に軽くしすぎると広がってしまうんです。特にこれからは梅雨の季節なので余計に。なので、ある程度の毛量は残しつつ、髪の表面に段差を入れて軽さを出しました。そうすることで広がりを抑えられるので、セルフスタイリングも簡単になれば良いなと思って。』

確かに、髪を切ったその日は素晴らしい仕上がりを保てても、いざ自分でスタイリングをすると “あれ、なんか違うな” となってしまうことがしばしばある。けれどそれでは意味がない。美しい髪の状態をできるだけ長くキープできるようにしっかりと考えてくれる水倉さんのようなスタイリストに出会えたことは、彼女にとってもラッキーだったのではないだろうか。

『お店は幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。できるだけ長くお付き合いして行けるよう心がけています。』そんな言葉からも一人一人ときちんと向き合おうとする真摯な姿勢が伝わってくる。

 


 

It Hair Stylist

チーフ・スタイリスト
水倉 真吾さん

 

It Salon

EIZÖ
《エイゾー》
東京都港区南青山3-14-15
☎︎03-5772-4010
open:11:00~21:00/平日、10:00~20:00/木・土、
10:00~19:00/日・月・祝、休/火・第2・第3月
instagram:eizo_hair
URL:http://eizo-salon.com

 


 

  • hair:Mizukura Shingo
  • make-up:Kodaka Itsumi
  • model:Kobayashi Ai

CLUÉL vol.38掲載