今、気になるヴィンテージショップ!

“ヴィンテージ”という響きは、なんだか特別でロマンに溢れている。今回、そんな心惹かれるヴィンテージアイテムを取り扱うショップを2軒ご紹介。自分だけのとっておきを見つけて、新たな春のお洒落、はじめてみる?

 


 

APRIL
《シーロン》のデザイナーが手掛ける
“今着たい”に出会えるヴィンテージのお店

 

2017年11月にオープンしたばかりの、ニューなヴィンテージショップ《エイプリル》。日本のファッションブランド《シーロン》のデザイナーであるOyui氏がディレクションを務め、自身で買い付けたヴィンテージアイテムに加え、《シーロン》のアーカイブも多数展開している。
 


店内には、乙女ゴコロをくすぐるポップでカラフルなアイテムが多くラインナップしているほか、アクセサリーなどの小物も充実。カテゴリーに捕われず、Oyui氏が“今着たいもの”を買い付けているのだとか。
 


カラフルなフルーツをビーズ刺繍で大胆にあしらったヴィンテージならではのデザイン。バッグ¥18000

 


パステルカラーとボリュームのある袖のディティールが愛らしい。スニーカーなどのメンズライクなアイテム合わせもグッド。ジャンプスーツ¥38000

 

shop data

APRIL[エイプリル]
東京都渋谷区代官山町19-10 加藤ビル302
☎03-6873-3576
open:12:00-20:00/不定休
instagram:april_vintageclothing

 


 

ZIG
三軒茶屋にひっそりと佇む
大人のためのヴィンテージショップ

 

70’s ~90’sのアメリカの仕入れアイテムを取り揃える《ジグ》。小民家をリノベーションした店内には、形や柄がやりすぎていない大人に似合うヴィンテージアイテムが所狭しと並ぶ。深夜の24:00まで営業しているので、仕事帰りにもふらっと立ち寄れるのが嬉しい。
 

メンズ・レディースともに幅広いアイテムを展開しており、約2ヶ月に一度のペースでアメリカまで買い付けに出回るのだとか。ヴィンテージ特有の個性はもちろん、リアルクローズに寄り添ったアイテムを提案しているので、ヴィンテージ初心者さんにもおすすめ。
 


レトロな配色とブーツカットのシルエットが、今逆に新鮮な表情を感じさせる一本。パンツ¥13500
 


今回はメンズからもピックアップ。女の子があえてメンズサイズを着こなすのも可愛い。さわやかな春カラーが◎。ジャケット¥12000※メンズ

 

shop data

ZIG[ジグ]
東京都世田谷区太子堂3-18-6
☎03-3413-8850
open:15:00-24:00/無休
instagram:zig_usedclothing

 


 

CLUÉL vol.37掲載

  • photograph:Sato Naoki