MY HAIR CUT 100

髪が切りたくなったら 014

「ガーリーなのに甘くないショートボブ」

HAIR DATA

Volume/量
■■■□□
Hardness/堅さ
■■■□□
Thickness/太さ
■■■□□
Curly/クセ
■□□□□
Length/長さ
■■□□□

STYLING METHOD
程よい艶を纏った、
ガーリッシュなショートボブ

step 01
オイルを中間から毛先につける

step 02
前髪は前に引っ張りつつ、全体をドライ

step 03
26ミリのコテで毛先を内巻き、
外巻き交互にワンカールにする

step 04
ハチうえの表面だけ
なみなみ巻きにして動きをだす

step 05
《エヌドット》のセラムを馴染ませ
ランダムに散らす

STYLING ITEM

《エヌドット》スタイリングセラム
繊細なニュアンスを想い通りに仕上げてくれるクリーム状のスタイリング剤。シアバター配合で、ホワイトジャスミンとミュゲの香りが心地よい。

  • 94g ¥1800(アンリ)
『初めて彼女を見た時に、
あの人に似ているなって思ったんです』

 
第14回目となった今回の『髪が切りたくなったら』は、毛先をふわりとランダムに跳ねさせ、遊び心を効かせたショートボブ。提案してくれたのは原宿にサロンを構える《Henri(アンリ)》で副店長を務める高見さん。イノセントかつ儚い少女を想わせるガーリッシュなスタイルは、お洒落に敏感な原宿の女の子たちを虜にしている。

今回のスタイルに至った経緯を高見さんは、『初めて彼女と会った時に、ミュージシャンのCharaさんに似た雰囲気のある子だなって思ったんです。(笑)』と話してくれた。

もちろんそのままのイメージを彼女に落とし込んだ訳ではなく、『彼女が本来持っているミステリアスというか、アンニュイなムード。そこに透明感をプラスしつつ、より良い方向に持っていくにはどうしたらいいのかな?ってことを考えて、シンプルなショートボブだったのをカールさせてみました。もちろん、シンプルなボブのままでも可愛かったんですが彼女の顔立ちであれば “ベーシック” なスタイルより、“キャッチー” な方が似合うと思って。』そんな高見さんの言葉の通り、愛らしく個性的な彼女の顔立ちを後押しするキャッチーなヘアスタイルはとても印象的で、音楽やアートなど、そういったカルチャー的な世界観を連想させる女性像に仕上がっている。

『毛先に動きが出るように巻いているので、カワイイ印象が強くなるかなって思ったんですけど、むしろ大人っぽい方向に進んでくれましたね。凛とした、芯のある感じというか。彼女の綺麗な顔立ちがあってこそですね。』

それぞれが持つ個性やムードを見たうえで似合うスタイルをイメージと繋ぎ合わせ、確実なクオリティで提案する。それは容易なことではないけれど、一人一人に真摯に向き合っている高見さん。これからもきっと原宿の女の子たちに“可愛い” を届けてくれるはずだ。

 


 

It Hair Stylist

《Henri》副店長
高見 未来さん

 

It Salon

Henri《アンリ》
東京都渋谷区神宮前3-24-6 新井ビル 2F
03-6459-2677
11:00~21:00/平日、10:00~20:00/土
10:00~19:00/日・祝、第一・第三火休
URL:http://www.henri-77.com

 


 

  • hair&make-up:Takami Miki
  • model:Otsu Ayami

CLUÉL vol.36掲載