「真似したくなる、パリジャンのこだわり

いつだって、自分らしいスタイルを持っているのが「パリジャン」。流行にとらわれず、芯のある着こなしは、定番だけどどこか新鮮に見えるもの。ここでは、手持ちのアイテムも着方次第で見違えるアプローチを紹介。今すぐに「真似したくなる」パリジャンのこだわりを学んでみよう。
 


 

パリジャンは“黒”と“白”しか着ない
飾ってないのに品がある「パリっぽさ」。全部黒でまとめていても、抜け感が出せるのは全体の緻密なバランスと小物使いにある。大人っぽさとカジュアルさの絶妙なさじ加減こそがパリスタイルの基本。

    ジャケット¥34000/ANATOMICA(アナトミカ 東京)、カットソー¥5500/Rohw master product × URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ 神南店)、パンツ¥21000/Dickies × FreshService(アルファ PR)、ハット¥8000/FRED PERRY(フレッドペリーショップ東京)、サングラス¥28000/PINE(アルファ PR)、シューズ¥20000/Caminando for ADAM ET ROPÉ(アダムエ ロペ)

 

ボーダースタイルの理想形
カジュアルなボーダートップスは、ネイビーアイテムでまとめて脱ナチュラルに。可愛さの中にも品があるコーディネートは、足元にシックなローファーを合わせているから。肩にかけたニットで配色を意識するのも重要な要素。

    ニット¥32000/GALERIE VIE(キャバン トゥモローランド)、肩に掛けたニット¥23000/YASHIKI(アルファ PR)、パンツ¥12000/Wrangler×Sonny Label(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)、シューズ¥20000/Caminando for ADAM ET ROPÉ(アダム エ ロペ)

 

セットアップとデニムシャツ
パリジャンは黒のスーツも難なく着こなす。白シャツではなく、あえてデニムシャツを合わせて、馴染みあるこなれた着こなしを提案。気取りすぎない、カジュアルなバランスが秀逸。もちろん、足元はコンバースのオールスター一択。

    ジャケット¥48000/PINE(アルファ PR)、シャツ¥19000/YAECA(ヤエカ アパートメント ストア)、パンツ¥10000/WHEIR Bobson(アーバンリサーチ 神南店)、眼鏡¥30000/ayame(アヤメ)、その他スタイリスト私物

 


 

続きは最新号をチェック!
CLUÉL homme vol.26掲載

  • photograph:Otsuka Kazuhiko
  • styling:Otsuka Mikiya
  • hair & make-up:Oka Yumiko,Sudo Yasuko
  • model:Ulysse