HAIR STYLE CATALOG
004

「さりげない洒落感を演出する、洗練されたテクノカット」

HAIR DATA

Length/長さ
■■■□□
Volume/量
■■■□□
Hardness/堅さ
■■□□□
Curly/クセ
■■■■□

BACK
刈り上げはグラデーションをかけ、
クリーンに仕上げる

SIDE
サイドは毛先のラインを
揃えて印象的なスタイルに

STYLING STEPS

step 01
髪を濡らしてから軽く乾かし、半乾きの状態にしておく。

step 02
ジェルを髪全体に馴染むよう、ラフにのばす。

step 03
束感ができるように最終調整。

STYLING ITEM

程よく艶感を出す時に使いたいハードジェル。タイトにまとめたヘアスタイルを長時間キープできるのが嬉しい。

    150g モデニカ タイトハードジェル/ MODENICA

 

トレンドのテクニックを組み合わせ
個性の光るスタイルを表現

ヘアスタイルのトレンドは、ファッションのそれと同様に、かなりのスピードで変わって行く。つい最近まで持て囃されていたものが、今となってはもう古い、なんていうのは良くある話。では、まさしく“今”を表現するスタイルとは、どんなものなのだろう。その疑問にヘアサロン《アレン》の中山さんが答えてくれた。

今回、中山さんが提案するのは、センターパートと刈り上げを組み合わせ、ボディーパーマをかけたツーブロック。ラフに束感を作り、何気ない洒落感を演出しているが、横のラインをしっかりと計算し、綺麗に揃えているので、あくまでもクリーンな印象に仕上がっている。後頭部
の刈り上げをグラデーションにしているのも、シルエットを上手く作る上で重要なポイントだ。

センターパートにツーブロックという、2つのトレンドテクニックを使って今っぽさを表現し、その上でパーマで個性を出したこのヘアスタイルは、次なるトレンドになりうるポテンシャルを持っている。

 


Stylist

中山雅世志さん

都内某サロンを経て、2014年に《アレン》をオープン。アットホームな店内で、幅広い年齢層から支持を得ている。サロンワークを中心に雑誌撮影などでも活躍中。

 

Salon

Allen 《アレン》
東京都渋谷区神宮前6-29-2
SUKEGAWA Bldg 4F
03-6450-6211
11:00-21:00(平日)、10:00-20:00(土日祝)/火曜定休
URL:http://www.allen-salon.com/

 


 

  • photograph:Otsuka Kazuhiko
  • model:西洸人

CLUÉL homme vol.23掲載