HAIR STYLE CATALOG

002

「さりげない洒落感を演出する、洗練されたテクノカット」

HAIR DATA

Length/長さ
■■■□□
Volume/量
■■■□□
Hardness/堅さ
■■□□□
Curly/クセ
■□□□□

BACK
自然なグラデーションを意識して、
あくまでもナチュラルな仕上がりに

SIDE
面長に見えないよう、ボブラインは
後ろに向かって下がるように

STYLING STEPS

step 01
髪を濡らしてから、タオルで軽く乾かし、前髪を少し持ち上げるようにしてドライヤーをあてる。

step 02
ワックスとヘアシロップを1:1の割合で混ぜ、手のひらにのばす。

step 03
全体的にグリースを馴染ませる。

STYLING ITEM

今っぽく仕上げるには、艶感を出してあげるのがおすすめ。髪型をキープするため、ソフトなヘアクリームと混ぜるのがポイント。

  • (上)ヘアシロップ100ml ¥2200/Qinomii
  • (下)ヘアクリーム 100ml¥1900/Qinomii

 


 

シンプルにさりげなく、
そして主張のあるスタイルを

年を重ねるごとに、ヘアスタイルはよりシンプルで、より気軽な方向へとシフトしていく。仕事のことを考えると、選択肢はそう多くはない、という人がほとんどだろう。ただ欲をいうならば、いくつになっても自分らしさと、お洒落心は持っておきたいもの。
 
そんな要望を叶えるべく、今回は渋谷にサロンを構える、《kiito》にご相談。“野暮ったさ”や“90年代”といったキーワードが最近気になっているらしい細野さんが提案してくれたのは、ピュアな印象を感じさせるテクノカット。

バーバーでカットしたような刈り上げが、ボブラインと自然なグラデーションで繋がっているのが特徴で、ハードさを極力取り除いた、嫌みのないスタイルだ。シンプルでありながらも、無個性ではなく、清潔感もしっかりとある。そして何と言っても、気取って見えない、そのさりげない洒落感が最大の魅力。前髪を下ろせば重さがでて、モードっぽくも作れるので、オンとオフで違ったスタイルを楽しんでみよう。

 


 

Stylist

細野和也さん

1989年生まれ、長野県出身。音楽、スケート、ファッション、カルチャーをベースに、幅広いヘアスタイルの提案を得意とし、感度の高いアンテナで東京のストリートを席巻している。

 

Salon

Kiito 《キイト》
東京都渋谷区神南1-19-14-4F
03-6277-5215
11:00-21:00(平日)、10:00-20:00(土日祝)/火曜定休

URL:http://kiito.net/

 


 

  • model:Asari Rintaro
  • photograph:Kojima Yohei

CLUÉL homme vol.21掲載