《マッキントッシュ フィロソフィー》が描く
ノスタルジックなムード

英国《マッキントッシュ》の確かなモノづくりを受け継ぐ《マッキントッシュ フィロソフィー》。今シーズンは“ PILLOW CINEMA”をテーマに、ノスタルジックな中にどこかリラクシンなムードを落とし込んだ、大人の女性のワードローブにふさわしいアイテムが揃った。

 


 

リバティプリントのブラウスとスカートのセットアップを、「CINEMA BUFF =映画マニア」のレタリングを施したニットを重ねてシックな雰囲気に。イアン マンキンとのコラボレーショントートバッグや、エレガント&クラシックなベレー帽も効いている。

ニットトップス¥17000、ブラウス¥17000、スカート¥19000、ベレー帽¥8000 /以上すべてMACKINTOSH PHILOSOPHY、バッグ¥12000 /MACKINTOSH PHILOSOPHY×IAN MANKIN(以上すべてSANYO SHOKAI)、クッション¥11000/MACKINTOSH PHILOSOPHY×IAN MANKIN(マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店)

 


 

軽やかに羽織れるウールコットンサージのノーカラーコートを主役に、タートルネックとグレンチェックのタイトスカートでレディにまとめたコーディネート。スモーキーなトーンの中に、カラーニットを肩からかけてアクセントに。

コート¥49000、トップス¥15000、スカート¥21000、肩にかけたニット¥17000、ネックレス¥14000、手に持ったストール¥24000 /以上すべてMACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYO SHOKAI)、バッグ¥39000/Mimi、シューズ¥28000/Corso Roma,9(ともにマッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店)

 


 

ドロップショルダーとメリハリの効いたシルエットで、シンプルに一枚で着てもスタイリッシュに見せられるウィンドウペンチェックのワンピース。前開けで軽いアウターとしても使えるので、これからの時期に重宝しそう。小物のトーンも揃えるのが大人っぽくまとめる秘訣。

ワンピース¥31000/MACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYO SHOKAI)、キャスケット¥10000/MACKINTOSH PHILOSOPHY、スカーフ¥8500/ROECKL(ともにマッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店)、その他スタイリスト私物

 


 

ブーケをプリントしたラウンドカラーのギャザーブラウスが印象的なスタイル。軽やかで落ち感のあるシフォン素材を使用したフェミニンなトップスには、パンツスタイルとクラシックな小物使いでバランス良くまとめるのがこの秋の気分。

ブラウス¥19000、パンツ¥21000、肩にかけたカーディガン¥18000、ハット¥15000、バッグ¥14000/以上すべてMACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYO SHOKAI)、シューズ¥35000/NAPOLEONI(マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店)、その他スタイリスト私物

 


 

●お問い合わせ先●
SANYO SHOKAI(カスタマーサポート) 0120-340-460 
マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 03-3214-5015
official siteはこちら
 

CLUÉL vol.30掲載
※制作時の情報につき、現在は変更になっている可能性がございます。

  • photograph:Kojima Yohei
  • styling:Takemoto Kenichi
  • hair&make-up:Yamada Daisuke【Cake】
  • model:Bykova