《セオリー》を着る
ニューヨーカー

さり気なくも格好良い《セオリー》の新作がついに到着。モダンなカラーリングと、美しいシルエットはまさに今の気分だ。さっそく身につけて、秋の街を堂々と闊歩しよう。

 


 

“綺麗め”だけど普通じゃない
脱カジュアルに着る術

スーツ素材で丁寧に仕立てられたシャツタイプのブルゾン。2WAYファスナー仕様で、後ろの裾がゴムになった新しいタイプのアウターだ。インナーにブロックチェックのシャツを組み合わせて、モダンに仕上げた。

    ブルゾン¥52000、シャツ¥24000、パンツ¥28000/以上すべてTheory

 


 

セットアップはインナーで“味”付け
黄色のTシャツで軽快に着こなす

適度に引き締まったタイトなシルエットが特徴。アクリルベースの素材に滑らかなレーヨンジャージを混紡し編み上げられている。肌触りの良さと、気品溢れるセットアップスタイルが美しい。インナーでカジュアルに仕上げたい。

    ジャケット¥59000、Tシャツ¥15000、パンツ¥29000、バックパック¥42000/以上すべてTheory、スニーカー¥32000/APL

 


 

“黒×グレー”が正解!
シルエットとカラーでモダンに格上げ

ロング丈のチェスターコートは今シーズンも引き続き注目のマスターアイテム。インナーに組み合わせたグレースエットは素材感が魅力。裾を短めに軽快に穿いたパンツは、絶対にスニーカーと組み合わせたい。

    コート¥168000(10月末発売)、スウェット¥26000、パンツ¥28000、バックパック¥42000/以上すべてTheory

 


 

ラフに着るための新ルール
ざっくりと着るグレーコート

ナイロンの高級感ある光沢が美しいロングコートは、フロントジップの開け閉めでガラリと表情を変える逸品だ。インナーにライトウェイトニットを組み合わせことにより、より軽快に仕上げた。モダンに品良く、あくまでも軽快に着こなして欲しい。

    コート¥56000(9月末発売)、ニット¥28000(9月末発売)、パンツ¥29000、バックパック¥42000/以上すべてTheory、スニーカー¥37000/APL

 


 

アイテムすべてのお問い合わせ先:リンク・セオリー・ジャパン 03-6865-0206

CLUÉL homme vol.21掲載
※制作時の情報につき、現在は変更になっている可能性がございます。

  • photograph:Kojima Yohei
  • styling:Marutani Naofumi
  • hair&make-up:Aida Hirokazu (et quart)
  • model:Ryan Keating