塚本太朗のショップ・マスト・ゴー・オン

偶然は必然であると思い続けて数十年。素敵なお店ハンターの塚本太朗氏が、世界各国津々浦々、出会ったヒト、みつけたモノ、あらゆるコトをディープに紹介します。

 


 

T

ティー

美味しいご飯と紅茶とスイーツ

 

前号(vol.26)も蔵前のショップでしたが、今回もイーストトーキョーへ。その勢いは止まる所を知らず、今回は台東区鳥越という蔵前と浅草橋に挟まれた小さなエリアに。このエリアのシンボルでもある鳥越神社のすぐ脇に、今回紹介する「T」というカフェが入った古いビルに行って来ました。

 

    メメミールが作るフランスバスク地方の郷土菓子「ガトーバスク」。 アーモンド入りのクッキー生地にカスタードクリームが入っていて、どこか懐かしい素朴でやさしい味わい。トッピングで自家製のお酒入りアイスをつけていただきました。

以前、小誌でも紹介したトートーニーという革小物を扱うショップの1階に新たにできたカフェです。もともとガレージだったという天井の高い空間をリノベーション。手前と奥に部屋が分かれていて、ゆったりした客席になっています。奥の部屋ではイベントや展示会などができるよう貸出しもしているそうですよ。ここのご飯&スイーツを担当するのは「メメミール」という名前で活動しているご夫婦。旬の野菜を使った優しい味付けが評判です。その他に、世界各国から集めたティーバッグの紅茶、大分は湯布院で人気の「ジャズ羊羹」がいただけます。これからの良い時期、下町散歩の新しいスポットとして、すでに人気が出始めているそうです。

 


キッチン脇にあった黒板に紅茶の紙袋が貼ってありました。世界各国、色々なパッケージでとっても可愛いです。

 
 


淡いオリーブ色の大きなガラス扉が目印です。もともとあった茶色のレンガのコントラストも良い感じにマッチしています。Tという丸っこいサインはドイツで買って来たそうです。

 


キッチンカウンターには個性的な食器がずらり。もともとマルクトというドイツ雑貨のお店で販売されていた食器類を実際に使用しています。棚にディスプレイされている雑貨などは販売もしているそうです。

 


奥のスペースは通常ゆったりとした客席になっていますが、展示会やイベントなど、今後は色々な形で展開していくそう。貸出しもしているそうなので、興味があれば問い合わせしてみて。

 

世界各国から集められた紅茶の数々。色々なパッケージがありますね!15カ国、約50種類ものフレーバーティーやオーガニックティーなどがあります。これだけあると、どれにするか迷います。

奥の棚にはマルクトの雑貨たちが。もちろん値段もついているので購入ができます。定期的に入れ替えたりするそうなので、要チェックですよ!

 

自然光がたっぷり差し込む店内。ランチに出されるご飯も日替わりでメニューが変わります。今回はスイーツでしたが、他にも自家製プリンなどがありました。

shop data

T[ティー]
東京都台東区鳥越2-5-1 恵比須ビル1階
☎ 050-3701-5566
営業時間:11:30~18:00(L.O.17:30)
定休日:日・月(不定休あり)

 

TARO TSUKAMOTO
塚本 太朗

『THE CONRAN SHOP』退社後『RIDDLE DESIGNBANK』設立。商業施設のショップコーディネートやデザイン、その周辺の仕事などで活動中。著書に『WIEN TRAVEL BOOK』(東京地図出版)など多数。

 


 

CLUÉL vol.27掲載

  • photograph:Arimoto Masahiro