ハロー!ニューヨーク♡
お洒落なガールズスナップ特集

クルーエルではすっかりお馴染みとなった海外スナップ特集。今回の舞台はなんと、ニューヨーク! 夏にさしかかるちょっと手前のニューヨークで見つけたとびきりお洒落な女の子達を最新号でご紹介していますが、webでもちらっとお見せしちゃいます!

 


entry no.1
シンプル可愛いのお手本はこれ!
《ワンポイントT》の着こなし

口笛を吹きながら軽快に歩いていた彼女、学校で仏教学(?!)を専攻しているそう。シンプルなホワイトのT シャツに、デニムのミニスカート、ホワイトのスニーカーと、私たちの描くアメリカのティーンネイジャーの女の子をそのままリアルに再現してくれているかのようでとびきりキュート。全体のサイジングや思い切った肌の露出、遊び心ある小物使いまで、シンプルな中にフレッシュな魅力に溢れていた。胸の小さなワンポイントの通り『BE NICE !! 』と言いたくなる。

 


 

entry no.2
ドレス×ブーツがお約束
女子的《ロック》はこう作る

ワシントン公園の近くで、友達と歩いているところをキャッチ!素敵にスタイリングされたベリーショートのヘアスタイルにメガネが、少年のようなやんちゃな可愛らしさも感じさせる彼女。この日はお姉ちゃんの誕生日会にいくところだったそう。花柄のワンピースにビッグサイズのGジャンを羽織って、足元はマーチンの8ホール。私たちもすぐにでも真似できそうなちょっとロックな印象のコーディネートは、爽やかな笑顔を見せてくれた彼女にとってもよく似合っていた。

 


 

entry no.3
《70’s》な着こなしが格好いい
ワイドパンツとサスペンダーの活用法

映画の『アニーホール』見ているみたい!!と飛び跳ねたくなるような、劇中のダイアンキートンを彷彿とするような着こなしに、彼女に出会った瞬間に心奪われてしまいました。国籍はスウェーデンだそう。お洋服の事尋ねたら、イエローの目をひくトップスは10代の頃お母さんに買ってもらったものだって。彼女の口から出た《マイ・オウン・ヴィンテージ》って言葉がまたなんとも素敵、10年以上も前のお洋服も大切にして、こんなにも素敵に着こなしてあげられるっていうことも、とっても素敵。

 


 

entry no.4
都会ガールの日常着は
《赤いワンピース》で決まり

シンプルで着心地のいい、自分に似合ったものを着ていること。ニューヨークはどこに行っても皆自然体な着こなしで溢れていた。なかでも多く目に飛び込んできたのが赤いドレスの女性たち。この彼女も赤いドレスがお似合い。ニューヨーク出身のプロダクションマネージャーさんだそうで、この時は休憩中だったみたい。ドレスはヴィンテージで、そこに手持ちのスカーフをベルトとしてアクセントに。なんとシューズはマーチンのサンダル。今回出会った赤いドレスの彼女たちの中で、あなたが個人的にベストドレッサーです。

 


 

entry no.5
キャップとメガネでつくる
《スクールガール》的コーデ

ニューヨークの有名な観光スポットの一つでもある、ハイラインの近くでキャッチした女の子。アート系の学校に通っているらしく、この日も近くにある美術館へ向かう途中だったみたい。「キャップ+メガネ+リュック=お茶目な学生さん」的な感じのコーディネートがよく似合っている。何気なく合わせているんだろうけど、キャッチーな着こなしがとにかく可愛い♡ ちなみにリュックにはキャラクターもののぬいぐるみがついていました!そこもまた等身大で愛らしいポイント。

 


 

entry no.6
ユルっとしたサイズ感で楽しむ
雨の日の《デニムシャツ》

雨の日にお洒落意欲が半減してしまうことってありますよね?けれどメアリーのこの日の着こなしはとっても素敵!ミニ丈のワンピースをユルっとしたサイズ感のデニムシャツでカジュアルダウン。「このシャツは濡れてもいいやつなの(笑)」と言っていたけれど、なんかそういう服を一着持っていてもいいなぁ、なんて感心してしまいました。凛々しくお座りしているのは彼女の愛犬のトゥチャ。名前の由来はわからないけれど、なんだかキュートな響き♡雨の日だって女の子は可愛くいたいものですよね?

 

 


続きはスナップ満載の最新号でチェック!!!

CLUÉL vol.28掲載