sacai

2017 autumn & winter collection

 

《サカイ》の新しいワードローブ

どこよりも早く紹介する《サカイ》の新しい2017秋冬コレクション。斬新な遊び心に裏打ちされた大胆なシルエットは、まさに身にまとってこそわかる素晴らしさだ。美しいカラーリングと、細やかなところまで作り込まれたディテール。《サカイ》の新しいワードローブを早速着込んで、今日も旅に出る。

 


計算し尽くされた遊びのカラーバランス
クラシカルなジャケットは、大人っぽいベージュの色合いが特徴だ。長年着込んだかのような、風合いもまた素晴らしい。クラシカルなアイテムだからこそ、ここではあえてイエローのハーフパンツをチョイスした。足元は《エンダー スキーマ フォー サカイ》のネイビーのデッキシューズでとことんカラーリングを楽しむスタイルが完成した。

 


旬の“ネイビー”はグラデーションを着る
旬のカラーリングだと言われているネイビーだが《サカイ》の手にかかればこんなハイブリットなアイテムが完成する。チェック柄の色合いが徐々にグラーデーションしている様はまさに新しいストリートファッションの可能性を感じることができる。パンツも同系色をチョイスして、ストイックにきこなすのが肝だ。ここではバッグもネイビーで合わすことで抜かりなく仕上げた。

 

夏の新定番は素材でチョイスする
数多くのカスタマーが何枚もストックしている《サカイ》のTシャツ。モダンなシルエットはそのままに、今季はダンガリーの素材感が涼しげだ。ダークなグレーとブラウンの配色もたまらない。ここではあえて、分厚いツイード素材が特徴のパンツを組み合わせた。レイヤードなどせずに、とことんシンプルに着こなした方がモード感と品の良さが醸し出る。

 


定番ボーダーはレイヤードしてシルエットでみせる
超定番のボーダーTシャツはラフに着こなすのが今の気分だ。一枚でシンプルに着るのも良いけれどもこの春は大人っぽくレイヤードスタイルを楽しみたい。ボトムスには、ゆったりとしたシルエットが特徴のツイードパンツをチョイス。クラシックなアイテムだからこそ、子供っぽくならずにクールに着こなせるはずだ。あくまでも大人が身につけるストリートスタイルのイメージで着こなしたい。

 

長袖の白Tを選んで定番スタイルを更新する
シンプルなロングの白Tシャツはリスト部分に注目したい。シャツを思わせる細やかなディテールが特徴だ。一枚でシンプルに着ても大人っぽくきまるのが嬉しい。ここでチョイスしたコーデュロイパンツは、少し裾を捲り上げて軽快に組み合わせた。8部丈くらいの裾の感じが今っぽい。《エンダー スキーマ フォー サカイ》のシューズはあくまでも素足で、軽快に履くべし!

 


ボタンダウンはパープルを差し色に新顔で着る
ネイビーのドローストリングシャツは、クラシックなスタイルの襟と胸元のパッチポケットが特徴だ。シルエットを変化することのできるドローストリング付きの裾がモダンなイメージだ。ここではシャツの存在感を生かして、パープルのスエットパンツを組み合わせて都会っぽく着こなした。

お問い合わせ先

サカイ tel:03-6418-5977

 


    • photograph:Kojima Yohei
    • styling:Ohira Mamoru
    • hair & make-up:Aida Hirokazu【et quart】
    • model:Liviu

CLUÉL homme vol.19掲載